チーズな毎日♪

 
 
 
 

【チーズ】ロックフォール パピヨンレッド Roquefort

「ロックフォール」は世界三大ブルーチーズのフランス代表。羊のミルクからつくられる青カビタイプのチーズです。2000年以上も昔からつくられているフランス最古のチーズでもあり、羊飼いの少年が洞窟に置き忘れたチーズを取りに戻ったところ青カビに覆われておりチーズが美味しくなっていたのがこのチーズの始まりであるという逸話が残っています。ということで、現在でもロックフォールは、ロックフォール=シュル=スールゾン村の洞窟で熟成させるのが正式な製法となっています。
ロックフォール パピヨンレッド (2) ロックフォール パピヨンレッド (3)

名称:ロックフォール パピヨンレッド  Roquefort
種類別:ナチュラルチーズ
原材料名:生めん羊乳、食塩
原産国名:フランス
輸入者:サヴァンシア フロマージュ&デイリージャポン株式会社


ロックフォールにはいくつかのブランドがあり、今回購入したのはパピヨン社のもの。赤ラベルはパピヨン社の中でもちょっとリーズナブルな商品のようです。
ロックフォールパピヨンレッド (2)_1
ロックフォールはカビの入り方がすごく綺麗。大きな穴と、空気を通すための針穴にそってビロードのような青カビが生えています。見た目も最高なのですが、口溶けも最高。羊のミルクのコクのある甘味と青カビのピリっとした刺激が絶妙に混ざり合って、舌の上ですっと溶けていくのです。スティルトンもゴルゴンゾーラも大変に美味しいブルーチーズですが、ロックフォールの味わいは本当に最高だと、久しぶりに食べて思いました。羊飼いのエピソードが本当かどうかわわかりませんが、ロックフォールをつくった2000年前のフランスの人、すごいです!
しょっぱいロックフォールにはソーテルヌという甘口ワインを合わせるのが定番とされていますが、お酒を飲まずとも、ハチミツをかけたりドライフルーツを添えたりして、塩辛さと甘さとを交互に味わいながらちびちびと食べるのがいいですね。

リンク:
 ・Papillon社
 ・サヴァンシア フロマージュ&デイリージャポン
 ・楽天市場で「ロックフォール」の詳細を見る
 ・amazonで「ロックフォール」の詳細を見る

(購入日:2016/11/11  購入場所:チーズフェスタ2016会場  購入価格:700円)
スポンサーサイト
 
 
 
 
プロフィール

めいにゃん

Author:めいにゃん
節約&倹約中です。基本貧乏なので高級チーズは滅多に食べられません(正直、安物好きなので高級品は買わない)。でもチーズをメインとしたブログです(つもりです)。
コメント、質問歓迎。
チープロは取ってみたけど持ち腐れ。
-----
CPA認定チーズプロフェッショナル

★本ブログは私個人のブログです。いかなる団体とも関係ありません。

☆健康のためには「一日チーズひと切れ(20g程度)」を今の食事にプラス。ご自身の健康を考慮し、無理なく美味しくチーズを食べましょう♪

FC2おすすめブログ

 
 
 
 
 
 
カテゴリー
+-クリックでカテゴリが開閉します。
 
 
 
 
レシピ目次
現在作成中です。
 
 
 
 
ランキング参加中
 
 
 
 
このブログのQRコード
QR
 
 
 
 
おすすめ
■楽天市場でチーズショッピング♪


■ポイント貯まるお得なカード


■amazonで買えるおすすめ品


楽天Kobo


■ポイント貯まる!
マクロミルへ登録

 
 
 
 
Twitter
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
Pagetop