チーズな毎日♪

 
 
 
 

【グラタンミックス】ハウス「グラチネ ペンネリガーテグラタン」2種食べ比べ

涼しくなってきて温かい食べ物が美味しい季節になりました。ハウス食品のグラタンミックス「グラチネ ペンネリガーテグラタン」をいただいたので、グラタン2種類を作ってみました。

白い箱が「トリュフの香り 濃厚ホワイトソース」。
ペンネリガーテグラタン (1)_1

赤い箱が「赤ワインの香り 濃厚デミグラスソース」。
ペンネリガーテグラタン (4)_1

「グラチネ ペンネリガーテグラタン」は、東京・京橋フランス料理店「シェ・イノ」の料理長古賀純二氏が監修しており、濃厚で上質な味わいを実現しているとか。と言っても作り方は簡単で、たったの4ステップでグラタンが作れてしまいます。
 1.炒める
 2.火を止めて、混ぜる
 3.沸騰させて煮る
 4.焼く
ペンネリガーテグラタン (5)_1
用意するのは具材の玉ねぎと肉、仕上げのチーズ、バターぐらいです。切った具を炒めたら、火を止めて粉末ソースを混ぜ、ペンネを加えて弱火で10分程度煮ます。粉末ソースは全くダマにならず綺麗に溶けてとろみがつきます。これには感激。グラタンのソースづくりで大変なのはいかにダマにならないようにするかですもんね。ソースの中でペンネを煮てしまうから、ペンネの別ゆでは不要。余分な鍋を使わず、ひとつ鍋で作れてしまいます。これもありがたいです。グラタンソースができたらチーズを乗せて焼けば完成!

出来たのがこちら。
「濃厚ホワイトソース」
ペンネリガーテグラタン_1
おお。牛乳を加えているせいか確かに濃厚でコクがあり、ホワイトソースとチーズがペンネに絡んで美味しいです。ちょっとしょっぱいですね。トリュフの香りはよくわかりませんでした。

「濃厚デミグラスソース」
ペンネリガーテグラタン (3)_1
これは赤ワインの風味が豊か。使ったのはの牛豚合いびき肉ですが、まるで「ブッフ・ブルギニヨン」を食べているかのようです。デミグラスソースにチーズを合わせたことはほとんど無かったように思いますが、チーズとの相性もばっちりです。ちょうど残っていたしめじも入れてボリュームもアップ。濃厚なのにしつこさが無くてさらりとパクパク食べられます。ワインにも合いそうだと思いました。

グラタンミックスは昔からあるけれど、最近では作るのが簡単なのにかなり本格的な味になってきているんですね。2種類ともとても美味しかったです。

リンク:
 ・ハウス食品
 ・新商品や話題の商品がモラえるタメせる「モラタメ.net」
 

スポンサーサイト
 
 
 
 
プロフィール

めいにゃん

Author:めいにゃん
節約&倹約中です。基本貧乏なので高級チーズは滅多に食べられません(正直、安物好きなので高級品は買わない)。でもチーズをメインとしたブログです(つもりです)。
コメント、質問歓迎。
チープロは取ってみたけど持ち腐れ。
-----
CPA認定チーズプロフェッショナル

★本ブログは私個人のブログです。いかなる団体とも関係ありません。

☆健康のためには「一日チーズひと切れ(20g程度)」を今の食事にプラス。ご自身の健康を考慮し、無理なく美味しくチーズを食べましょう♪

FC2おすすめブログ

 
 
 
 
 
 
最新のコメント
コメント大歓迎いたします♡
 
 
 
 
カテゴリー
+-クリックでカテゴリが開閉します。
 
 
 
 
レシピ目次
現在作成中です。
 
 
 
 
ランキング参加中
 
 
 
 
このブログのQRコード
QR
 
 
 
 
おすすめ
■楽天市場でチーズショッピング♪


■ポイント貯まるお得なカード


■amazonで買えるおすすめ品


■ポイント貯まる!
マクロミルへ登録

 
 
 
 
Twitter
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
Pagetop