チーズな毎日♪

 
 
 
 

【チーズ】東京デーリー「アジアーゴ チーズチップス」

イタリアのチーズ「アジアーゴ ヴェッキオ」を薄切りのチップ状にした商品です。東京デーリーが製造している「チーズチップス」は、パルミジャーノ・レッジャーノばかりを見かけますが、アジアーゴもあったんですね。アジアーゴ食べるの久しぶりだなと思って購入しました。
アジアーゴ チーズチップス_1 アジアーゴ チーズチップス (1)_1

商品名:アジアーゴ チーズチップス
種類別:ナチュラルチーズ
原材料名:ナチュラルチーズ(生乳、食塩)、リゾチーム
内容量:36g
原産国名:イタリア
製造者:株式会社東京デーリー


パッケージには「10ヶ月以上熟成」と書かれていますが、調べたら12ヶ月以上熟成したものを「ヴェッキオ」とよぶそうです。硬めで表面は乾いた感じ。ところどころに小さな孔があいていて、白っぽいアミノ酸の結晶もできています。
アジアーゴ チーズチップス (2)_1
フルーティな良い香りがします。噛むと口の中に旨味がひろがりますが、けしてしつこくはなく、ミルクを濃くしたようなコクがありますがすっきりと食べやすい味です。美味しいです。

私、実はかたまりのチーズをカットするのはかなり苦手。このようにつまみやすいチップ状にあらかじめ切られていて、食べ切り量がパックになっているチーズチップス、価格も安いしなかなか便利だなと思いました。

リンク:
 ・東京デーリー
 ・楽天市場で「アジアーゴ」の詳細を見る

(購入日:2016/11/11  購入場所:チーズフェスタ2016会場  購入価格:180円(税込))


スポンサーサイト
 
 
 
 

【チーズ】プロヴォローネ DOP Provolone

プロヴォローネはイタリアのパスタフィラータ・タイプのチーズ。ジャーダが料理番組でおろして料理にガンガン使っているチーズ…というぐらいしかイメージがありませんでした。モッツァレラチーズの製法と同じ「パスタフィラータ」でつくるということだけは知っていたので、おそらくもっちりむっちりしていて味は優しく、加熱すると糸をひくように伸びるのではないかと思ったのです。
プロヴォローネ (1)_1 プロヴォローネ_1

名称:プロヴォローネ DOP
種類別:ナチュラルチーズ
原材料名:生乳、食塩
原産国:イタリア
製造者:世界チーズ商会株式会社


どういうふうにすれば、その特徴が伝わるのだろうと考えたのですがまずは切り方で困ってしまいました。購入したのは直径10cmくらい厚さ2cmくらいの、丁度ハムのパックのようなカット売りのもの。ハムのようにスライスするのは困難、かといって棒のように切るのも何だかな。そこで、パスタフィラータなら裂けるに違いないと思い切ってちぎりました…。
プロヴォローネ (2)_1
う~む!裂けるかどうかがわからん!
このチーズ、ゴーダチーズの若い頃のようにセミハードチーズくらいの硬さなんです。でもこのカットだとしなやかさがわからないし、裂けもしなかったです。もろっとギザギザにちぎれる感じでした。
そして食べたら結構しょっぱかったのです。これは意外でした。見た目白っぽいから、絶対にモッツァレラを水抜きしたようなマイルドな味だと思ったのに。味わいとしてはゴーダとか、ピザ用シュレッドチーズ(いろいろミックスしてあるやつ)とかに似ていました。
それじゃあ、溶かしたら糸引いてびよ~んと伸びるのかなと、チーズトーストにしてみましたが、これもびよ~んではなくとろんと溶けました。これまたゴーダにそっくりでした。

まとめとしては、イメージと味は違うということです。味としてはそこそこにおいしいチーズでした。切り売りの形が使い勝手が悪かったので、加熱料理に使えば良かったですね。DOPついてるから、もしかして「プロヴォローネ・ヴァルパダーナ」だったかもしれないのにこんな感想しか言えなくて、チーズよ、ゴメン。

リンク:
 ・世界チーズ商会
 ・楽天市場で「プロヴォローネ」の詳細を見る
 ・Amazonで「プロヴォローネ」の詳細を見る
 ・チーズのお取り寄せ

(購入日:2015/1/23  購入場所:世界チーズ商会東京支店  購入価格:100gあたり200円)





 
 
 
 

【チーズ】モッツァレラ バッカ Mozzarella Bacca

世界チーズ商会のガレージセールで購入した牛乳製モッツァレラチーズ。イタリアのtrevisanalatという会社の商品ですが、袋には(シールでなく)世界チーズ商会の名前が日本語で印字されています。おそらく日本への輸出用に大量生産されているものだと思われます。
モッツァレラバッカ_1 モッツァレラバッカ (1)_1

品名:モッツァレラ バッカ
種類別:ナチュラルチーズ
原材料名:生乳、食塩
内容量:125g
原産国名:イタリア
輸入者:世界チーズ商会東京支店


モッツァレラチーズは水に入れられています。まるで豆腐みたい。
モッツァレラバッカ (2)_1

そういえば、去年ネット界で「桃モッツァレラ」なるものが流行りましたね。私も食べてみたいと思いつつ、ワインビネガーはないし、桃はお高いしで躊躇しているうちに桃の季節はあっという間に過ぎ去りました。

リンク:
 ・保存版 桃モッツアレラレシピ! 考案者の作成写真つき!

で、今頃になってようやくモッツァレラを購入したのですが、まさか桃缶でつくるわけにもいかないので、桃モッツァレラはあきらめました。第一、モッツァレラと甘みって合うのだろうかという疑問が浮かびました。そこで家にあるイチゴジャムをあわせてみました。
モッツァレラバッカ (3)_1
ビジュアルがまず間違ってますね。カマボコにコチュジャン添えたみたいになってしまいました。でも味は良かったですよ。チーズはチーズ、ジャムはジャムで…。

自分の間違いに心が折れそうになりながらも残りのモッツァレラチーズは「餅ピザ」にしました。モッツァレラって見た目餅っぽいでしょ。焼くと伸びるし。もう餅と組み合わせるということで頭がいっぱいになりました。まず切り餅の厚みを半分に切り、ケチャップで作った即席ソースを塗って、スライスしたモッツァレラを載せて焼きました。
ガ~ン!
モッツァレラの水切りをきちんとしなかったせいで、餅ピザはでろでろれ~んともんじゃのようになってしまいました…。
でも味は良かったですよ。

ブログに書くからにはそのまま食べる以外にも何か工夫が欲しいなと思って、試してはみるのですが上手くいかないもんですね。

リンク:
 ・世界チーズ商会
 ・楽天市場で「モッツァレラ バッカ」の詳細を見る
 ・Amazonで「モッツァレラ バッカ」の詳細を見る
 ・モッツァレラ 牛乳 キューブカット チーズ/他チーズ類通販

(購入日:2015/1/23  購入場所:世界チーズ商会東京支店  購入価格:300円)




 
 
 
 

【チーズ】モンタージオ DOP Montasio

モンターズィオとも表記されます。
イタリアの北端、オーストリアとスロベニアの国境に接する州でつくられます。元々修道僧がつくっていたチーズの製法ががモンターズィオ山の人々に伝えられたのだとか。
モンタージオ (2)_1 モンタージオ_1

名称:モンタージオ DOP  Montasio
種類別:ナチュラルチーズ
原料乳:牛乳
原産国:イタリア
製造者:世界チーズ商会(株)東京支店


生地は薄黄色。熟成期間は若そう。なめらかでむっちりとしています。噛むとミルクのうまみが広がって、山のチーズなんだなあと感じました。モッツァレラの水分を抜いて乾燥させるとこんな感じになりそうだなと思いました。モッツァレラと似た製法なのかどうかはわかりませんが。

で、このチーズ。購入したのが3月で消費期限が4月。食べたのが5月…。真空包装になってたとはいえちょっと日がたちすぎてしまいました。そのせいか表皮部分がポロポロして少々赤い斑点がでていました。そしてチーズの生地にザラついた粒までできてしまっていました。きちんと熟成されたハードチーズの場合は旨味の塊アミノ酸の結晶ができることがありますが、モンタージオに出来てしまったこの粒々は苦味がかっていて不味いものです。以前ウォッシュチーズの表面にも苦くて白い粒が出てしまったことがあります。やはりチーズはあまり長くおいておかないほうが良いですね。失敗しました。(でももちろん捨てたりしないで表皮以外は全部食べましたよ)

参考文献:
 ・チーズの選び方楽しみ方―厳選チーズカタログ113種 (主婦の友ベストBOOKS)
 ・チーズ ポケットブック〈2007~2008年版〉

リンク:
 ・世界チーズ商会
 ・http://montasiocheese.com/
 ・楽天市場で「モンタージオ」の詳細を見る
 
(購入日:2014/3/28  購入場所:世界チーズ商会東京支店  購入価格:740円(100gあたり500円))



 
 
 
 

【チーズ】ペコリーノロマーノ DOP Pecorino Romano

イタリア最古のチーズといわれているペコリーノ・ロマーノ。元々はローマ周辺でつくられていたのでこの名がついていますが現在ではサルデーニャ島でほとんどがつくられてます。大変塩辛いのが特徴です。
ペコリーノロマーノ_1 ペコリーノロマーノ (1)_1

名称:ペコリーノロマノ DOP Pecorino Romano 
種類別:ナチュラルチーズ
原料乳:羊乳
原産国:イタリア
製造者:世界チーズ商会(株)東京支店


包装をあけると羊乳製チーズ独特のふわっと甘い香り。そのまま食べると塩辛いのですが、塩味に負けず甘みと旨みが口いっぱいに広がります。すごく美味しいです。

今回は、ローマ発祥のこのチーズでローマ発祥のカルボナーラをつくってみようと買ってきたのです。実は私、レストランでカルボナーラを食べたことがなくて(クリームがべったりしてそうだから)、本物のカルボナーラがどういうものなのかがわかりません。ただ、本場ローマでは生クリームを使用せず、黒胡椒をふるということだけはわかりましたのでレシピはクックパッドに頼りました。

参考レシビは → Cpicon 簡単ローマ風カルボナーラ 全卵 by ミヤム
できあがりがこれです。↓
カルボナーラ_1
ううう。卵がそぼろ状に固まってしまいました。おそらく、チーズは溶けて、卵はパスタに滑らかに絡んだ状態が正解…。でもこれはこれでチーズ味濃厚で美味しかったです。

カルボナーラを失敗しためいにゃんは残りのペコリーノ・ロマーノはそのままスライスして食べました。

そういえば、ペコリーノ・ロマーノの表面がしっとりと濡れたみたいになっていました。油分かと思ったのですが、「チーズの選び方・楽しみ方」という本にホエーだと書いてありました。そうなんですか。知らなかった。

リンク:
 ・世界チーズ商会
 ・楽天市場で「ペコリーノロマーノ」の詳細を見る
 ・Amazonで「ペコリーノロマーノ」の詳細を見る

参考文献:
 
(購入日:2013/9/27  購入場所:世界チーズ商会東京支店  購入価格:227円)

 
 
 
 
プロフィール

めいにゃん

Author:めいにゃん
節約&倹約中です。基本貧乏なので高級チーズは滅多に食べられません(正直、安物好きなので高級品は買わない)。でもチーズをメインとしたブログです(つもりです)。
コメント、質問歓迎。
チープロは取ってみたけど持ち腐れ。
-----
CPA認定チーズプロフェッショナル

★本ブログは私個人のブログです。いかなる団体とも関係ありません。

☆健康のためには「一日チーズひと切れ(20g程度)」を今の食事にプラス。ご自身の健康を考慮し、無理なく美味しくチーズを食べましょう♪

FC2おすすめブログ

 
 
 
 
 
 
最新のコメント
コメント大歓迎いたします♡
 
 
 
 
カテゴリー
+-クリックでカテゴリが開閉します。
 
 
 
 
レシピ目次
現在作成中です。
 
 
 
 
ランキング参加中
 
 
 
 
このブログのQRコード
QR
 
 
 
 
おすすめ
■楽天市場でチーズショッピング♪


■ポイント貯まるお得なカード


■amazonで買えるおすすめ品


■ポイント貯まる!
マクロミルへ登録

 
 
 
 
Twitter
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
Pagetop