チーズな毎日♪

 
 
 
 
 
 
 
 

【チーズ】ブルサン クランベリー boursin cranberry

フレッシュなフレーバーチーズ、「ブルサン」。元々はフランス、ノルマンディー地方が発祥でしたが、2014年からは国内ではよつ葉乳業が製造、ベルジャポンが販売するようになりました。(ということで、このブログでは「日本のチーズ」に分類しました)
「ブルサンクランベリー」は以前から気になっていて、ようやく食べてみました。
ブルサン クランベリー_1 ブルサン クランベリー (1)_1

商品名:ブルサン クランベリー
種類別:ナチュラルチーズ
原材料名:生乳、クランベリー加工品、ペッパー、食塩、保存料(ソルビン酸K)
内容量:100g
製造者:よつ葉乳業株式会社 十勝主管工場
販売者:ベルジャポン株式会社


アルミに包まれたブルサンは、空気を含んでいるのでしょうか、ブルーチーズの生地のようにもろもろとしていてくずれやすいです。食べやすいようにクラッカーにのせてみました。
ブルサン クランベリー (5)_1
と。これがちょっと失敗。クラッカーがしょっぱくてチーズの味がよくわからなくなってしまったのです。なので、残りはスプーンですくって食べました。チーズには全体的にしっとりともろく、大変に口溶けが良いです。そこにクランベリーのほのかに甘酸っぱい味と食感が加わります。生地自体には甘味がついているわけではなく、若干胡椒のピリ辛さと、わりとはっきりとした塩気が際立っています。食べる前は、レアチーズケーキのような味を想像していたのですが、全く違います。控えめな甘さは、まさに大人向けのデザートチーズといったところ。とても美味しいチーズでした。
なお、残ったチーズは乾燥しやすいので早めに食べきることをおすすめします。

リンク:
 ・よつ葉乳業
 ・ブルサン | 商品情報 | ベル ジャポン
 ・楽天市場で「ブルサン」の詳細を見る 
 ・amazonで「ブルサン」の詳細を見る

(購入日:2016/11/11  購入場所:チーズフェスタ2016会場  購入価格:400円)

スポンサーサイト
 
 
 
 

チーズフェスタ2016に行ってきました

毎年恒例チーズの日の11月11日と12日に開催される「チーズフェスタ」に行ってきました(2016年11月11日。会場: EBiS 303)。今年は25周年だそう。私はもう10年以上通ってますね。ところで、チーズフェスタの日ってなぜかよく雨が降るんです。この日も朝から冷たい雨。お昼には止みましたが、ものすごく寒い日でした。そのせいか例年に比べ人出は少なめでした。
チーズフェスタ2016 (13)_1

入り口のディスプレイコーナー。昨年も書きましたが、まともにチーズの姿を見られるのはここくらい(と言ってもパック詰めのものですが)。会場内に入ってしまえば、あとは人だかりしか見えませんのでここで「これはチーズのイベントなんだ」と認識しておきましょう。なお、ここに並んでいる全てのチーズが販売されているわけではありません。
チーズフェスタ2016 (9)_1

ちょうどチーズ紹介コーナーでのプレゼンが始まるところでしたので見学しました。
株式会社東京デーリーによる「チャーム・ド・フランスブリーおよびゴルゴンゾーラの紹介」。
チーズフェスタ2016_1
フランスの白カビチーズ「ブリー・ド・モー」や、世界三大ブルーチーズ、イタリア代表「ゴルゴンゾーラ」の紹介です。ここで、説明を聞きながら、熱心にメモをとる女性2名の姿を発見。えっ、何、後でブログでも書くのかな、と思いましたが、どうやら最後のクイズコーナー(正解者はチーズ詰め合わせをもらえる)に向けてのものだったらしく、2名ともクイズで当てられてチーズをもらっていました。
ここでいただいた試食チーズ。

ブリーのコンフィチュール添え。何のコンフィチュールだかは失念。
チーズフェスタ2016 (1)_1

ゴルゴンゾーラ2種。楊枝が刺さっているのがドルチェで、もう一方がピカンテ。お好みでハチミツ。
チーズフェスタ2016 (4)_1

ゴルゴンゾーラ入りのパン。ピュラトスというメーカーのものだそうです。濃厚なチーズ味でした。
チーズフェスタ2016 (5)_1

今年は長居をするつもりはなく、見学はこれでおしまい。
入場の際もらった引換券でチーズを試食しました。昨年まではA~Dの4ヶ所のコーナーで4枚綴りの引換券を引き換えて、という方法だったのですが混雑が激しかったため、今年からは一度に4種類をもらえる方式に変更になりました。
チーズフェスタ2016 (10)_1
A…「タルタル アペリフレイタリア風」(フランス)。 フランス産なのにイタリア風って。
B…「バジロンわさび」(オランダ)。 こちらもゴーダチーズなのに和風。ド緑色なのでちょっとヒキますが、味はなかなか美味しいです。
C…「ペッパージャック」(アメリカ)。  ハラペーニョ入りのピリ辛チーズ。これは好きで時々買います。
D…「クラフト モッツァレラ6P」(日本)。  モッツァレラチーズではなく、モッツァレラ入りのプロセスチーズです。



試食を終えたあとは、チーズ販売コーナーでチーズを買い求めました。経験上初日の早い段階で売り切れてしまうチーズも多いため、早めに買うことにしたのです。買ったのは午後2時頃でしたが、最初に目をつけていたものが、あとからまた覗いたときにはもうなくなっていたり、パンフレットに掲載されている販売予定チーズがまったく見当たらなかったりしました。

購入したのはこちらのチーズ。市価の3割安ということもありましたが、大量に買いすぎました。
チーズフェスタ2016 (12)_1
 ・ゴルゴンゾーラ ドルチェ  300円
 ・ロックフォール パピヨン  700円
 ・スティルトン  400円
 ・ブルサン クランベリー  400円
 ・セージダービー  515円
 ・アッペンツェル  595円
 ・レッドチェダー  374円
 ・ベームスター ゴート  623円
 ・「モッツァレラ スライスチーズ」  150円
 ・「Q・B・B大人のくちどけチーズ」  250円
 ・「アジアーゴ チーズチップス」  180円
 ・フレッシュシェーブル ナチュレ  550円
 ・「贅沢3層仕立ての濃厚クリーミーチーズ」  250円
 ・「ロルフ おとなのベビーチーズ 枝豆味」  100円
 ・「ロルフ おとなのベビーチーズ トマト&バジル味」  100円
 ・「Q・B・Bプレミアムベビーチーズ ゴルゴンゾーラ入り」  100円

これで年を越します。食べたらブログにUPしていこうと思います。

リンク:
 ・チーズフェスタWEB

 
 
 
 

【チーズ】タカナシ乳業「タカナシ北海道クリームチーズ」

先日のプルーンイベントでお土産にいただいたクリームチーズ。タカナシ乳業の製品です。タカナシというと、生クリームやヨーグルトのイメージがありますが、チーズも作っていたんですね。ヨーグルトのようなプラスチック容器に入っています。
タカナシ北海道クリームチーズ (2)_1  タカナシ北海道クリームチーズ (1)_1

商品名:タカナシ北海道クリームチーズ
種類別:ナチュラルチーズ
原材料名:生乳、食塩、安定剤
内容量:220g
製造者:高梨乳業株式会社北海道工場


アルミ蓋で密封されているせいが、フレッシュチーズなのにいただいた日から数えると、3ヶ月も日持ちします。すごいですね。もちろん開封したらすぐ食べなければいけませんが。開けるとこんな感じ。
タカナシ北海道クリームチーズ (5)_1
水に浮かぶモッツアレラのようにも見えますが、実際は結構硬くて、周辺に水分が出ているだけです。そのまま食べると大変あっさりとしています。塩味はほとんど感じないし、コクもあまり無いです。

クリームチーズはそのまま食べるというより、やはり料理に使うためのチーズでしょう。ちょうどクックパッドのモニターでプルーンをいただいており、そのモニターレシピが先日のイベントで食べてきた「プルーンのピンチョス」だったので、このクリームチーズを使用して作ってみました。
レシピはこちら→Cpicon プルーンとクリームチーズのピンチョス by プルーン美人
(byプルーン美人となっていますが、勇気凛りんさんのレシピです)

まずはクリームチーズに胡椒を混ぜて…。ううっ硬い。勇気凛りんさんは室温に戻さなくてもすぐ混ぜちゃって大丈夫ですよ~とおっしゃっていたのに…。硬いチーズを必死に混ぜてプルーンをくるんで丸めて出来たのがこちら。
プルーンのピンチョス_1
不器用ながらも何とか形になりました(結構大きめです)。これ、なかなか美味しかったです。もっと胡椒をたっぷりと入れれば良かったなと思いました。それに生ハムも以外に塩気が薄かったので、塩を振っても良かったかも。でもオリーブとチーズがマッチして美味しかったです。さて残りのクリームチーズはどうやって食べよう?

リンク:
 ・タカナシ乳業
 ・楽天市場で「タカナシ クリームチーズ」の詳細を見る




 
 
 
 

【イベント】カリフォルニアプルーンとワインを楽しむ大人の女子会

レシピブログ様の招待で、イベント「カリフォルニアプルーンとワインを楽しむ大人の女子会」に参加してきました(2016年10月20日外苑前アイランドスタジオ)。ドライプルーンは好きで、時々食べていますが、ヨーグルトやチーズと合わせてそのまま食べるばかりでした。今回はワインに合わせたプルーン料理を用意してくださるとのことで楽しみにしてきました。
カリフォルニアプルーン (2)_1

まずはカリフォルニアプルーン協会のホンダさんから、カリフォルニアプルーンについてのレクチャーです。
カリフォルニアプルーン (3)_1

カリフォルニアプルーンとは、南仏を原産地とするダジャン種のプラムを乾燥させたドライフルーツで、種のついたまま乾燥させても醗酵しない糖度の高いプラムのみがプルーンとなる

のだそうです。ドライプルーンは抗酸化値が非常に高いのでアンチエイジング効果があり、食物繊維が豊富で腸内環境を整えたり、骨の健康にも役立ったりと栄養・美容面で非常に良いことずくめ。毎日少しずつ継続して摂っていきたい食品です。でもどのように食べたら良いのでしょうか。そんな疑問を解決してくれるのが今回のテーマのひとつでもあるのです。

よく同じ産地の食品同士は相性が良いといいますね。そこでカリフォルニアワインの登場。女子会の始まり。乾杯となりました。
カリフォルニアプルーン_カルロロッシ白
今回用意してくださったワインは日本一売れている輸入ワインブランド「カルロロッシ」。白と新発売の赤「ダーク」。提供してくれたのは、サントリーワインインターナショナルさんです。プルーンピューレをバゲットに乗せて。(隣は豚肉とスパイスのリエット)
カリフォルニアプルーン _オードブル
すっきりとした白ワインにプルーンの甘酸っぱさが良く合います。赤ワインの方はぶどうの主張が強いのでプルーンが負けてしまうような気がしました。

続いてはワインに合うプルーン料理です。料理を作ってくださったのは、メディアですっかりおなじみになったお料理ブロガー、勇気凛りんさんこと岸田夕子さんです!勇気凛りんさんは以前からカリフォルニアプルーンを使用したレシピ開発に協力されています。笑顔がチャーミングな素敵な方でした。
カリフォルニアプルーン_勇気凛りんさん

このイベントのために考案してくださったのは「プルーンのフリット」(写真奥)と「プルーンのピンチョス」(写真手前)です。
カリフォルニアプルーン料理_1
フリットはプルーンに米粉の衣をつけ、さっくりと揚げたもの。勇気凛りんさんは、プルーンをあたたかくしてみたいと思ってこの料理を思いつかれたそう。揚げたプルーンはとろりとして甘味がましてジューシーに感じられました。おつまみだけでなく、おやつとしてもパクパク食べられそう。ピンチョスは、プルーンをクリームチーズと生ハムでくるんだもの。クリームチーズに練りこまれた粗びきコショウがピリリと効いていて、甘さとほどよい塩気が絶妙。これはとてもワインに合いました。

この他に豚肉のロースト(?)が用意されており、おいしい食事とワインで、にぎやかに楽しい時間を過ごしました。
カリフォルニアプルーン (21)_1

デザートにフローズンヨーグルトまで!
カリフォルニアプルーン_フローズンヨーグルト

お土産にはたくさんのプルーンと、レシピブック、タカナシ乳業さんのヨーグルトとクリームチーズをいただきました。
カリフォルニアプルーン (25)_1

せっかくイベントに参加したのだから、これをきっかけにプルーンを食べるようにしたいと思いちょっとした料理を作ってみました。

プルーンのホットサンド。
カリフォルニアプルーン_ホットサンド
粗く刻んだプルーンと、とろけるチーズを挟んで焼いたものです。イベントで食べたピンチョスを参考に、アクセントとしてコショウをふってあります。イベントで発見したのは、ドライプルーンの自然な甘さ。他の食材と調和するけれども決して邪魔はしないのです。だからこのホットサンドもチーズとの相性が良くてなかなか美味しかったです。栄養食品チーズには食物繊維とビタミンCが不足していますので、それをプルーンが補ってくれています。

シリアルヨーグルト。
カリフォルニアプルーン_シリアルヨーグルト
ナッツ入りのシリアルにお土産でいただいた、タカナシのプレーンヨーグルトをかけてプルーンを乗せただけ。グラスに盛り付けるとパフェみたいでしょう。今回は甘味のついたシリアルですが、お好みでハチミツをかけても良さそうだと思いました。

カリフォルニアプルーン協会のホームページを見るとたくさんのレシピが載っています。今度は肉料理や魚介料理にも合わせてみたいなと思いました。

リンク:
 ・カリフォルニアプルーン協会
 ・楽天市場で「カリフォルニアプルーン」の詳細を見る
 ・楽天市場で「カルロロッシ」の詳細を見る
 ・amazonで「カルロロッシ」の詳細を見る

ランキング参加中(↓よろしければクリックしてくださいね♪)




 
 
 
 

【チーズ】宝幸「ロルフ ベビーチーズ カマンベール入り」

何の気なしに買ったベビーチーズですが、これが思いがけず美味しかった!
「ロルフ ベビーチーズ カマンベール入り」です。これがしっかりカマンベールチーズの味がしているのです。
ロルフベビーチーズ_カマンベール入り_1 ロルフベビーチーズ_カマンベール入り (1)_1

商品名:ロルフ ベビーチーズ カマンベール入り
種類別:プロセスチーズ
内容量:60g(15g×4個)
製造者:株式会社宝幸 ロルフ西宮プラント
コピー:風味豊かで口どけなめらか


以前にも何度かロルフのベビーチーズは食べています。このベビーチーズも、QBBのベビーチーズに比べるとやわらかめで、ニチャっとした食感があります。このやわらかさはポーションタイプのクリームチーズにも似ていて、私好みだったりします。

食品業界には「カマンベールパウダー」なるものが存在していて、ポテトチップスやスナック菓子、アイスなどのチーズ入り食品で「カマンベール入り」と称するものが増えているように思えます。しかしながら、こうした食品では他に含まれているチーズの風味に負けてしまうのか、カマンベール味を感じたことはありませんでした。でも、このベビーチーズはカマンベールチーズの味がするのです!しかもカマンベールの皮、つまり白カビ部分の風味がきちんと感じられるのです。驚きです。パッケージを見ると、

チーズ分中、カマンベールチーズパウダー6%使用

と書かれています。残りの94%は何チーズだか分かりませんが、おそらく絶妙な配合なんでしょうね。

ロルフベビーチーズ_カマンベール入り (2)_1
塩気もわりとはっきりとしていて、たった85円のベビーチーズ(プロセスチーズ)なのに、まるで白カビチーズを食べているかのような気分。美味しいです 私はおやつに食べましたが、お酒のおつまみにもなりそう。コスパ最高のチーズ、また買いたいです。


リンク:
 ・宝幸
 ・楽天市場で「ロルフ チーズ」の詳細を見る
 ・amazonで「ロルフ チーズ」の詳細を見る

(購入日:2016/10  購入場所:業務スーパー  購入価格:85円(税抜)  )



 
 
 
 
プロフィール

めいにゃん

Author:めいにゃん
節約&倹約中です。基本貧乏なので高級チーズは滅多に食べられません(正直、安物好きなので高級品は買わない)。でもチーズをメインとしたブログです(つもりです)。
コメント、質問歓迎。
チープロは取ってみたけど持ち腐れ。
-----
CPA認定チーズプロフェッショナル

★本ブログは私個人のブログです。いかなる団体とも関係ありません。

☆健康のためには「一日チーズひと切れ(20g程度)」を今の食事にプラス。ご自身の健康を考慮し、無理なく美味しくチーズを食べましょう♪

FC2おすすめブログ

 
 
 
 
最近の記事+コメント
 
 
 
 
カテゴリー
+-クリックでカテゴリが開閉します。
 
 
 
 
レシピ目次
現在作成中です。
 
 
 
 
ランキング参加中
 
 
 
 
このブログのQRコード
QR
 
 
 
 
おすすめ
■楽天市場でチーズショッピング♪


■ポイント貯まるお得なカード


■amazonで買えるおすすめ品


楽天Kobo


■お買い得
話題のお取り寄せグルメがポイントアップやタイムセール開催中!ぐるなび食市場

■ポイント貯まる!
マクロミルへ登録

 
 
 
 
Twitter
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
Pagetop